エッセイ

追想のツヴァイク

灼熱と遍歴(青春編)

 

藤原和夫

1714円+税

2008年11月

四六判/上製

448

978-4-8096-7583-6


内容紹介

Contents Introduction

この男の人生、思いの外、熱かった。シュテファン・ツヴァイクは、1881年、ウィーンの裕福なユダヤ人家庭に生まれ、20世紀前半もっぱら評伝や伝記的エッセイの名手として盛名をはせた。ドイツ文学を代表する作家の一人。こよなくツヴァイクを愛する著者が、彼の人生と作品を丁寧に追います。

著者プロフィール

Author Profile

1949年、岩手県宮古市生まれ。東京都立大学人文学部史学科卒業。出版社の編集者、高校教師(世界史)を経て、現在は翻訳業に従事。

小説

冬の一族

 

 

太田博之

1429円+税

2008年11月

四六判/上製

256

978-4-8096-7582-9


内容紹介

Contents Introduction

「冬の一族」、「めぐさ戦記」、「待つは乙女の戦にて」、「故国の空夢」、重厚な短編四編を収録。そこで扱われるのは、「己を賭した四つの戦」。

著者プロフィール

Author Profile

1939年生まれ。大阪文学学校を卒業後、文芸誌「まひる」編集人。自身、創作活動を続け、当時、「バイキング」誌の同人であった、津本陽氏の作品と並び称されることもあった。同誌廃刊後、断筆。以後、30年に亘り文学とは無縁の生活を送るが、2005年、文筆活動に専心。本書は、20代に書き上げた同名小説4編を改編し1冊に纏めたものである。