詩集

句集 一隅

 

 

澤未知子

1000(1080)

2018年4月7日

四六・並製

172

978-4-8096-7899-8

内容紹介

Contents Introduction

<句集>
 卯の花 平成十~十六年
 いたち来て 平成十七~二十年
 万愚節 平成二十一~二十四年
 落 穂
 残 響 平成二十四年結社カリヨン解散以降

<小品集>
 小説 速記者
 随筆 出撃前夜のばら
 紀行 パンと恋と、そして猫たち ―私の中国旅日記から―

著者プロフィール

Author Profile

1936 長野県に生れ、のち本籍を東京都昭島市に移す民間速記者を経て地方公務員
1996 定年退職 文化・スポーツ振興財団勤務ののちボランティア活動に入り現在に至る(活動内容は要約筆記、傾聴、朗読、ちぎり絵指導その他)
1998 俳句結社カリヨンに入会し市村究一郎に師事
2008 カリヨン同人
2011 主宰の逝去によりカリヨン解散
2018 現在、神奈川県川崎市内の県立東髙根森林公園の近傍に住む
著書に「基地騒音に失われたまち」「私のくにたち 花物語」ほかあり

 

徳留新一郎

1200(1296)

2018年2月26日

四六・上製

176

978-4-8096-7893-6

内容紹介

Contents Introduction

・肉に蒔く者と霊に蒔く者  
・絶望はなぜ人を殺すのか  
・なぜ道徳なのか 一  
・なぜ道徳なのか 二  
・ヨブへの答え 一  
・ヨブへの答え 二
・現代のパリサイ人 一
・現代のパリサイ人 二

著者プロフィール

Author Profile

徳留新一郎(とくとめしんいちろう)
1958年岐阜県に生まれる。1981年同志社大学法学部卒業。地方公務員を経て米国留学。テネシー州ミドルテネシー大学大学院修士課程(法社会学)修了。テネシー大学大学院博士課程において社会学を学ぶ。現在著述業。

著書
『十字架』、『少数者のために』、『巡査物語』、『ソクラテツとの対話』(いずれも東洋出版)

 

萩原淳

1400

2018年3月26日

四六・並製

142

978-4-8096-7898-1

内容紹介

Contents Introduction

1.地殻・プレートと地震
1)海溝型地震(プレート境界型地震)
2)活断層型地震(内陸直下型地震)
2.固有周期
1)中・高層建物(鉄筋コンクリート・鉄骨等)
2)低層建物(木造住宅)
3)主要構造物の固有周期
3.マグニチュード
1)最大振幅幅を入力することでMagnitude を求める
2)Magnitude を入力することにより最大振幅幅を求める
3)震度階とMagnitude の関係(目安)
4.津波の検証
1)津波について検証してみると
5.鉄筋コンクリート断面のひび割れ計算
1)鉄筋コンクリート断面計算およびひび割れ計算
2)コンクリートのひび割れについて
6.ニュースソース 新聞記事記録

著者プロフィール

Author Profile

1960 年代初頭に大学を卒業し、三菱日本重工(現・三菱重工)に
入社、造船所勤務となる。道路橋・鉄道橋他Infrastructur 等の設計
や超低温圧力容器・肥料プラント建設従事傍系会社を経て2003 年
退職。エンジニアリングの傍らプログラム作成、高齢到達を機に社
会報恩の思いで著述。「理工の目で事故を解く」の既刊書あり。

 

夏目英

762円+税

2014年1月22日

内容紹介

Contents Introduction

独特の世界観があり、魂、子、生、真と読み手へ明確に伝えたいことが章立てとなっており、現代の人間社会の有り様や人間の持っている内面に迫るものを感じ、自分自身がどうあるべきか、自分の人生に置き換えた時にどうあるべきかと考えさせられる作品。

小説

心季鏡

 

 

ヴォーチェ

800

2018年2月20日

四六・並製

56

978-4-8096-7895-0

内容紹介

Contents Introduction

我がいのちとはなにものかしら

人はなぜ誰のために生きてゆくのでしょう
人はなぜ誰のために努力をするのでしょう
人はなぜ何のために努力をするのでしょう


【目次】
1 春和さんの心の季節
2 留夏さんの心の季節
3 秋華さんの心の季節

歴史・社会問題・政治

マイ生涯現役の戦略

 

 

林 洋

1300

2018年1月28日

四六・並製

212

978-4-8096-7890-5

内容紹介

Contents Introduction

21世紀を生きる若者へ

年功序列、終身雇用のタガが大きく緩み、グローバル化、アウトソーシング化、情報化が急進する21世紀…。
これからの時代を生き抜くために必要な、生涯現役の戦略を具体的に提示‼


【目次】
1 私の場合
2 サラリーマン人生には三期がある
3 生涯現役の基本戦略
4 潜在マーケットのアセスメント
5 自己確認
6 知識の商品化 →→→→ 知られなければ始まらない
7 独立の戦力を養っておけ
8 志を持って生きる
9 吹っ切って置きたいサラリーマン職業病
10 人と会い和み合うしくみ
11 不労所得の砦を持つ
12 乾坤一擲の勝負所
終章 家康のように、そして、信長のように生きよう
補遺 卒業人事部創設の勧め…企業トップと組合幹部への提言

著者プロフィール

Author Profile

1931年 東京生まれ。技術士(機械部門)。
自動車メーカー開発部門技師、(財)日本自動車研究所研究員を経て、1985年に独立。(有)林技術事務所を開設。以後、交通事故の工学鑑定人として、裁判所、弁護士、保険会社、その他の要請に応じて広く全国的に活躍している。『自動車事故の鑑定事例』(技術書院)、『交通事故「過失割合」の研究』(技術書院)など著書多数。その著書は、韓国、中国で翻訳されている。日本技術士会、日本機械学会、自動車技術会、日本交通科学協議会各会員。