「酒」を読む

book0028

歴史・社会問題・政治

「酒」を読む

-ビールとワイン、ゆくりなきドラマ-

 

今村 健夫

1238円+税

2011年06月22日

四六判/並製

222

978-4-8096-7642-0


内容紹介

Contents Introduction

一口に「酒」と言っても種類も多く、製法も飲み方も多種多様である。そして、それぞれの酒には、それを育んだ自然の恵みと、それを愛しんで来た人々の歴史があり、興味の尽きないドラマがある。 序章 ◇酒にはどんな種類があるか ◇酒とは何か ◇飲酒の効用と弊害について  ◇酒造りはいつ、どこで始まったか 第1章:ビール ◇ビールの種類と製造法 ◇ビールの世界史  ◇ビールの日本史 第2章:ワイン ◇ワインの定義と分類 ◇ワインの多様性について ◇ワインの世界史 ◇ワインの日本史  ◇ワイン製造技術の進歩 ◇食文化とワイン  第3章:酒類の貯蔵と熟成について

著者プロフィール

Author Profile

1936年生まれ、熊本高等学校、九州工業大学(工業化学科)卒業、1960年 旭化成株式会社入社。合成樹脂の開発研究、工場建設、製造を担当。旭化成アミダス株式会社を経て、1998年退社。趣味は「酒」と「酒の本」の蒐集、並びに読書。横浜市で活動中の文章同好会「文水会」会員。

 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき