創造と破壊 成長と犠牲

book0038

歴史・社会問題・政治

創造と破壊 成長と犠牲

―ナポレオンの時代―

 

甲斐慶司

1800円+税

2010年01月

A5判/上製

448

978-4-8096-7613-0


内容紹介

Contents Introduction

ナポレオンはなぜ強かったか。なぜネルソン、そしてウェリントンに敗れたか――彼らの時代を中心に、さまざまな戦争において勝敗を分けるに至る過程を検証し、今日の大恐慌時代を生き抜くためのヒントを探る。新しい歴史は、旧い歴史が破壊された上に創られていく。その過程においては、とくに経済的な成長が大きな原動力として機能している。そこには、時として大きな犠牲が伴うのが必要のようでさえあった。

著者プロフィール

Author Profile

『アレクサンドロス大王と経営戦略 その戦史に見る情報活用術と戦略』(2006年、東洋出版)

 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき