感動は心の喜び

book0279

エッセイ

感動は心の喜び

 

 

河内徳丸

900

2017年8月9日

四六・上製

272

978-4-8096-7878-3

内容紹介

Contents Introduction

無関心だったら身近に起こった事でも心に残らない
物事を心で見ると感動することが実に多い
人生を豊かにするためにも、
心を振り向ける習慣がつけば感動が一層高まる
53年の会社経営で学んだ事は
「感動は心の喜び」だった

【本文より抜粋】
18歳になる娘が友達と旅行を計画。出発を明日に控え母が突然倒れた。母をベッドに寝かせたが腹の虫がおさまらない。「どうしてこんな時に倒れたのよう!」と罵倒した。母は「御免ね、冷蔵庫の物を温めて食べてね」その時、娘はふと思った。18年間食事を作り続けてくれ、病気の時は寝ずに看病してくれた母に私はなんとひどいことを言ったのだ…、自己中心的な自分を恥じた。

著者プロフィール

Author Profile

広島県出身。
大阪に出て「豊栄金属工業株式会社」を立ち上る。

 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき