三鴨 裕明

900円+税

2020年12月4日

四六判

150

978-4-8096-7997-1

内容紹介

Contents Introduction

ちょっと不思議。だけどあたたかい。日常に寄り添う14の奇譚集。
結婚してから20 数年。真面目で仕事一筋の夫に、妻はここ数年で気色悪さを感じ始めた。歳とともに衰えはじめた見た目は耐えがたく、顔を見るのが苦痛なのだ。しかし別れるという選択肢は持ち合わせていなかった。この事態を回避する方法を友人に相談すると、神頼みがいいと言われ実行に移すことに。すぐに自宅近くの神社へお参りをするが、変化が起こる様子はない。しかし諦めずに何度かお参りを繰り返すと、神様からのお告げを得ることができた。そのお告げのとおりある呪文を唱えると、夫と顔を合わせずにすむようになり、平和な日常を取り戻す。

著者プロフィール

Author Profile

昭和21 年生まれ。東京都出身。
昭和57 年警備会社設立。代表取締役として現在に至る。
画家。日本舞踊若里流(家元若里燈)のあかり会に所属している。

歴史・社会・政治

日本一の殿さま大工

 

 

水嶋 元

1300円+税

2021年1月8日

四六判

318

978-4-8096-8610-8

内容紹介

Contents Introduction

歴史に燦然と輝き続ける名工・中井家の物語

安土城、大坂城、二条城、知恩院、江戸城、御所……飛鳥の法隆寺建築より、名だたる城郭や寺社建築を一手に引き受けてきた棟梁一族・中井家。
そして龍彫刻の分流・中井権次一統。千年に亘って光り輝く建物に込められた、職人たちの誇りと精神の系譜。

著者プロフィール

Author Profile

著者:水嶋元
兵庫県在住。但馬文学界の同人誌“野火”を主宰。但馬芸術文化会議会員。兵庫県“ともしび賞”受賞。
第19 回 日本自費出版文化賞を『報恩の画 円山応挙伝』で受賞。主な著書に『残月 竹田城最後の城主 赤松広英』東洋出版『小説 山名宋全』但馬文学界『〃 道元』東洋出版『黄金の山中〈生野鉱山物語〉』東洋出版『群雄たちの興亡』播磨学研究所編集 神戸新聞出版センター、その他多数。

 

はら あきこ

600円+税

2020年12月25日

四六判

44

978-4-8096-8607-8

内容紹介

Contents Introduction

ある夏の始まりの日、ベビーカーに乗ったマコちゃんがママと広場にやってきました。マコちゃんはあんまりお話ができないけど、マコちゃんを見るとみんな笑顔になります。でもある日、マコちゃんが来なくなって…。宝物のように大切にしたい、きらきらした物語。

著者プロフィール

Author Profile

著者:はら あきこ
1944 年新潟県生まれ。熊井明子ポプリの会講師。
2010 年1 月 小説『湖の小石』(文芸社)を刊行。

 

白 百合子

600円+税

2020年11月26日

四六判

70

978-4-8096-8606-1

内容紹介

Contents Introduction

恋心から歌は生まれる

胸が締め付けられるような純粋な恋心を描いた歌詞
23作品を掲載

エッセイ

いたちの屁

 

 

大谷 政康

600円+税

2020年11月26日

四六判

46

978-4-8096-8601-3

内容紹介

Contents Introduction

「いたちは死ぬ時、
全力を出して屁をするが
臭いもしない」

昭和11年生まれ。敗戦から戦後経済の復興、そして今。
一個人として、渦中の光景、言葉にしておきたかった想いを綴る。