新刊案内〔10冊〕


小説

綺譚の夏

 

 

青 磁

1650円

2020年2月10日

四六判・並製

396

978-4-8096-7962-9

内容紹介

Contents Introduction

五族協和の理想を掲げた日本の満州国建国とは何だったのか?
その崩壊の帰趨を現代人の眼が瞬撮する歴史エンターテイメント・ドラマ。

戦後民主主義の潮流の中で忘却の淵に追放された世界がここに新たに沸騰し、哀惜なる挽歌を奏でつつ覚醒する……。

著者プロフィール

Author Profile

本名 大八木 昇(おおやぎ のぼる)
1941年11月茅ヶ崎市に生まれる。東京都豊島区高松在住。
早稲田大学に入学(のち除籍)。在学中、実存哲学のサルトルやメルロポンティら の書籍を耽読。長期のインド遊行を経て、保険外交員、商社、鉄鋼業界誌、事故調 査員、マンション管理人等の各種職業を遍歴。現在に至るも、今回の15年ぶりの 長編『綺譚の夏』刊行と並行して、実行支配されている南樺太・サハリンを舞台に した小説に新たな執筆意欲を傾注している。
 1987年 短編集『残氓』(舷燈社)
 1990年 短編集『黒い時間』(舷燈社)
 2005年 長編小説『上海的瞳』(東洋出版)

 

河内山 典隆

1000円+税

2020年1月20日

四六/並製

124

978-4-8096-7965-0

内容紹介

Contents Introduction

おいらクンクン、ダックスフント。
犬であるクンクンの目を通して語られる人間世界のおもしろ講釈。社会・政治・歴史の問題、相撲・プロレス談義に人間模様。

著者プロフィール

Author Profile

1928年生まれ。明治大學文学部仏文科卒。幾つかの雑誌記者を経て1965年から海運業界紙記者となり、同年および72年の海員大争議を取材。75年以降は形式的にフリーとなり、内航海運新聞を主体に外航関係紙誌にも執筆し、現在にいたる。 著書 「日本海員風雲録」(1988年刊、同年度の日本労働ペンクラブ賞を受賞)「満州残像」(2002年刊)「その時、船員はどうする」(2006年刊) 主な執筆・共著 「聞き書き・海上の人生」「世界の海洋文学総解説」「荒れる海・船員問題を考える」「戦没船を記録する会十年史」

 

伊藤飛鳥

1500円+税

2019年1月8日

四六/上製

216

978-4-8096-7956-8

内容紹介

Contents Introduction

私の著書が一人でも多くの方の幸福につながることを心からお祈りしております。
伊藤飛鳥

 

雨倉敏広

1000円+税

2019年12月16日

四六/並製

176

978-4-8096-7960-5

内容紹介

Contents Introduction

憲法改正論議の今、知っておきたい憲法の成り立ち
日本敗戦後の占領下、どのような背景、議論を経て、現在の日本国憲法が成立したのか。
その成り立ちに触れることで、本来の憲法の姿、今後解決すべき課題も見えてくる!

著者プロフィール

Author Profile

著者 雨倉 敏広
昭和23年(1948)、奈良市生まれ
東洋大学大学院法学研究科博士後期課程修了
博士(法学)、国制史家

ノンフィクション、自分史

遺書になったかなしみの曲

 

 

こうのくみ

1100円

2019年10月25日

A5判・並製

72

978-4-8096-7951-3

内容紹介

Contents Introduction

山あり谷ありの人生を綴った数々の曲や詩を、楽譜とともに紹介。

【目次】
―作詞・作曲―
 沙羅双樹
 年輪
 オホーツクからのメッセージ
 薄れゆく記憶
 桜と梅
 On a Rainy Day(雨の降る日に)
 永遠に(Eternal)
 風の詩
 覚えていますか?
 星空で語らうよ
 想い
 雪の涙

―詩―
 コスモス
 一本のカサブランカ
 昔、私は鳥だった
 夕陽よ、沈まないで
 優しい片想い
 風の口笛

―随筆―
 メリーさんへの手紙

―陶芸―
 陶芸略歴と作品

著者プロフィール

Author Profile

1927年2月14日、和歌山市生まれ。 昭和32年から東京で暮らし、現在神奈川県在住。 昭和53年から約30年間、独学で陶芸に取り組む。 本を読み、ロクロと窯(電気・ガス)を購入。 80歳のとき、独学で「桜と梅」を制作。これまでに 20曲以上をてがけ、現在も作詞・作曲を続けている。

歴史・社会・政治

陸奥田村の庄 田村氏伊達氏

 

 

箭内五郎

880円

2019年10月29日

四六判・並製

78

978-4-8096-7952-0

内容紹介

Contents Introduction

政宗、試練の時
信長・・・楽市楽座
秀吉・・・大阪に「市」の設立
関東に残った中間的存在である国人衆、地侍は如何に⁈

【目次】
一、天正十二年 伊達政宗と家臣団
一、略年表
一、田村氏系図
一、陸奥田村の庄 田村氏伊達氏
一、参考文献
一、関連マップ・参考資料

 

渡辺拓郎

909円+税

2019年11月15日

四六/並製

122

978-4-8096-7958-2

内容紹介

Contents Introduction

皆さん、死ぬまで生きて行こう。
中学時代の作から、古希を迎えた現在まで、折に触れて作歌してきた258首
「自己嫌悪」とう言葉吐き
眼を伏せる 息子ようやく自己見つめ初む

著者プロフィール

Author Profile

著者 渡辺拓郎
昭和24年(1949年)、岩手県山田町生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。
神奈川県立高校等を歴任。
取得資格、ソフトボール公認審判・2種。
趣味は、音楽鑑賞、スポーツ観戦、ウォーキング等。
神奈川県大和市在住。

 

大貫崇

1400円+税

2019年11月19日

A5/並製

120

978-4-8096-7953-7

内容紹介

Contents Introduction

やるべきことは、たったこれだけーー「きちんと吸って、きちんと吐く」
マラソン、ゴルフ、水泳、サッカー、野球、テニス、武道、ダンス、音楽…
あらゆる身体操作に効果的な最強の超効率的トレーニング!!
トップアスリートのパフォーマンスを進化させてきた究極メソッドを呼吸の仕組みとともに解説!
呼吸の基本は「横隔膜を上下させて、吸って吐く」こと。しかし現代人は、「横隔膜」がきちんと動けるポジションにない人が実は多いのです。
ただ横隔膜の動きは自分ではなかなか感知できないため、きちんと動けていなくても気づきにくい。

そこで本書では、横隔膜の動きを取り戻すための人間本来のあるべき呼吸を、「きほんの呼吸」として紹介します。シンプルでありながら、驚くほど効果的。
さらに負荷をかけるためのオリジナル風船も付録にセット!

「きほんの呼吸」によって横隔膜がきちんと動くポジションに入れば、体幹が自然と機能してあらゆる動きに無理がなくなり、自然に力を発揮できる体に変わるでしょう。
呼吸を見直してみることが、パフォーマンス向上への近道になるのです!

著者プロフィール

Author Profile

アスレティック・トレーナー 大貫崇
1980年神奈川県生まれ。フロリダ大学大学院で応用運動生理学を修了後、「アスレティックトレーナー(ATC)」」としてテキサス・レンジャース、NBA(D‐League)、アリゾナ・ダイアモンドバックスを経て、2013年に帰国。
2016年にPRT(Postural Restoration Trained)認定を受ける。現在、大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座スポーツ医学教室特任研究員も務める。
著書に『勝者の呼吸法』(ワニ・プラス)、『「呼吸力」こそが人生最強の武器である』(大和書房)がある。

 

杉森暢男

1650円

2019年10月29日

四六判・並製

582

978-4-8096-7892-9

内容紹介

Contents Introduction

第一巻 『【発生篇】スサノオの命の神話』(国家成立以前一九八九年出版、新典社)

第二巻 転換篇(本書の前篇部)
 序説 古事記神話への手がかりとなる方法論 ―波動への共鳴
  第一章 日本の古典の認識論 ―波動の働き
  第二章 波動認識論 ―波動としての現象をどう捉えたらよいか
  第三章 神話の二元論的構成 ―救済のエネルギーと破滅のエネルギー

 転換篇 天照大神の照り映えるエネルギー
  第一章   葉がざわめく時の祝福
   第一節 古事記的意識の流れ ―神学的浄化の作用
   第二節 万葉的意識の流れ ―心理的浄化作用
   第三節 「葉」の振りによる呪法
   第四節 羽の振りについて
   第五節 風に期待する生命力
  第二章 悪霊を払う時の弓矢の働き ―出雲は予兆としては吉か凶か
   第一節 出雲の由来
   第二節 弓で悪霊を払い国の内部を固める
   第三節 矢で霊威を払い国勢を外に向かって振るう
  第三章 万葉からみた英雄の心理
   第一節 日本の古代心性の心理的な背景
   第二節 古代心理の分類の万葉的項目
   第三節 大国主の命と倭建の命の人格の違い
   第四節 倭建の命を記述する古事記と日本書紀の違い
  第四章 国に権威を与えた青銅器 ―銅鐸は大国主同士の対決の中でどのような役割を果たしたか
   第一節 国の境界地帯としての原
   第二節 境域を画定していた銅鐸
   第三節 青銅器に衝撃を与えた鉄剣

第三巻 総括篇(本書の後篇部)
 総括篇 神としての大国主の命 ―破滅と救済のエネルギー
  第一章 神話における海の役割 ―少名毘古那神はなぜ海からきたのか
   第一節 イオンの働きを前提にしたスクナヒコナの神 ―大国主の懐古性はどこからきたのか
   第二節 イオンの波動の意味
   第三節 貝に込められた海のエネルギー
   第四節 海中の神を求めて潜る
  第二章 イオンに対する感性 ―スクナヒコナの神に対してどう対応したか
   第一節 受け入れる側の心身の姿勢
   第二節 超音波の働き
   第三節 呪能の基をなす自然
  第三章 神々の体系 ―期待される発生的状況
   第二節 山における神の顕現について ―万葉人にとって「心」とは何であったか
   第三節 海における神の顕現について ―万葉人にとって「神」とは何であったか
   第四節 折口信夫の神
  第四章 出雲における祭礼 ―大国主の命の魂の恐怖を鎮める
   第一節 しぶきを受ける・高層建築 ―祭式a・b・c
   第二節 出雲における祭礼・神火 ―祭式d・e・f
   第三節 みそぎをする・神官 ―祭式i・j
 第五章 国譲り ―大国主の命の死を迎える
  第一節 大国主の命の国譲りの意図
  第二節 古事記以降の大国主の命の鎮魂の祭式
  第三節 パターン文化の変遷 ―大国主の命を神としてどのように位置づけるか
 第六章 地域の鎮魂 ―万葉人にとって「国」とは何であったか
  第一節 振る里から古里へ ―基礎領域の変貌
  第二節 クニから国へ ―大国主の名称に表された時代の変貌
  第三節 大国御魂の神社の成立へ

万葉仮名の読みの問題点 ―万葉の中心概念を正常化させるために

ノンフィクション、自分史

姉妹

 

 

冨永徳子

990円

2019年10月13日

四六判・並製

88

978-4-8096-7949-0

内容紹介

Contents Introduction

最愛の姉。その最後を看取った姉妹の思い出の記録。
ずーっと仲良し姉妹。突然の別れに引き裂かれた絆。心に受けた衝撃が止まない。
此処、其処、彼処、回廊の道に残した夢の跡に、姉の零れるような笑顔の花が咲く。
姉に贈る鎮魂歌。「ね~ちゃん、お疲れ様。たくさんのありがとう」この、不変の存在は私にとっての希望と勇気の産物だったかもしれない。

「ね~ちゃん?」「ね~ちゃん?」なんとよい響きだろうか。
その名を呼べる人は、もういない。

……詩的な文章に ひきこまれます。 

著者プロフィール

Author Profile

東京都出身。
過去に国内美術展に於いて、東京都議会議長賞、埼玉県知事賞、 奨励賞受賞。個展多数。
海外展(イギリス、スペイン、フランス)に於いて、佳作賞受賞。 YouTubeにて徳永徳ペンネームで作詞。作編曲としたろう「月 の舟~冬のゴンドラ」配信。
趣味:ジャズライブ(不定期開催)

著書
 『夢の中で抱きしめて』(文芸社2006)
 『冬の月』(東洋出版2008)


新刊のご案内

東洋出版のつぶやき