書籍一覧〔376冊〕


1 / 3812345...102030...最後 »

 

柳沢 賢次

1800円+税

2020年9月30日

A5判

300

978-4-8096-7993-3

内容紹介

Contents Introduction

はるかなる昔の祖先は、何を考え、どのように伝えていたのか。
『日本書紀』編纂より1300年! 文字のない時代の人々の伝統的思考(哲学)は、実は「扁平三角形」に隠されている。
記紀神話を通じて、かつての先祖の高度な哲学に迫る、記紀研究に王道あり!

著者プロフィール

Author Profile

浅間山南麓、長野県北佐久郡小沼村(現在の御代田町)塩野に生まれる。長野県立上田高校、明治大学法学部を卒業し、東京大学事務員となり定年退職。30代半ば『古事記』『日本書紀』に出合う。それと同じ期間、記紀神話が伝承されてない作り物とされていることは事実に反していると、思い続ける。遠い祖先が伝え続けようとした記紀神話の伝承方法を、私は解明して伝えたい。

 

妹尾 一彦

800円+税

2020年9月25日

四六判

120

978-4-8096-8600-9

内容紹介

Contents Introduction

感謝は、人間を輝かせる宝石
混迷を極める時代、自己のアイデンティティを保つことは大変である。自身の変化を恐れず、世の中の見方・考え方を進化させ、奮起せよ!政治、歴史、メディアなど、さまざまなテーマについて自身の信条を綴った、今を生き抜くためのエッセイ集。

 

島田 智史

1400円+税

2020年9月14日

B6変型

128

978-4-8096-7992-6

内容紹介

Contents Introduction

「バレエ腹筋」を働かせれば、もっと踊れる!

前回ご好評をいただきました『バレエ整体ハンドブック』の第2弾!今回は「筋肉」に注目です。
アスリートの世界にとどまらず、ダイエット・筋肉アップを目的に巷では筋トレが真っ盛り。バレエ教室に通うみなさんも、日頃からさまざまな筋トレにトライされていらっしゃるのではないでしょうか?
でもそれが本当に効いているのか、間違った方法で行なっていないかどうか、気になる方も多いと思います。
そこで本書では、「バレエを美しく踊る」ための筋肉を養い、レッスンで使いやすくするにはどうすればよいか、この点にフォーカスし、踊りやすい筋肉に調整するための簡単な「セルフチューニング」を多数ご紹介します。
たとえば、ターンアウトひとつにしても、その動きがどこの筋肉を働かせ、何のためにやっているのかイメージできるようになると、同じレッスンでもその効果は変わってきます。その積み重ねが踊れる筋肉を育てるのです。
なかでも、踊れる筋肉のベースとなり、なくてはならないのが「バレエ腹筋」です。
いくつかのインナーマッスルから構成されますが、これらの筋肉をきちんと使えるということは、体幹が働くということ。この筋肉を正しく知り、効率よく育て、踊りながら使えるようになれば、バレエのパフォーマンス全体が底上げされていくのです。
普通の筋トレ本とはちょっと異なる本書ですが、あなたのバレエライフの一助になるはずです!

著者プロフィール

Author Profile

東京港区三田にある鍼灸院「 専心良治」院長。 現在、年間2,600人以上に対して施術を行っている。整形外科で3年勤務後、2010年治療院開院。 開院後に施術した人数は約20,000人。 バレエに有効な体の使い方、調整に定評がある。訪れるクライアントは、日本全国のみならず海外からにも及ぶ。

教育・芸術・心理

人間の基本で解く 自由・便利すぎる社会の落とし穴Ⅳ

―自由民主主義国家の終焉―

 

小林博暁

900円+税

2020年8月29日

A5判

102

978-4-8096-7990-2

内容紹介

Contents Introduction

物事の本質を知る男が、自由民主主義(社会)の正体を小学生の理科の目線で明かす!

自由や便利な社会を追い求め、甘いいしき人間が大量に創られた。更に自由や便利がすすみ、自己基準人間が大量に創られる。その結果、社会は自滅・崩壊し二度ともとには戻れなくなる。国民はそれに気がつかない……。

<目次>
第1章 人間の基本とは何か?
第2章 自由・便利度の進歩に対する国民のいしきの変化
第3章 甘いいしき人間とは何か?
第4章 自己基準人間とは何か?
第5章 なぜ、国民のみなさんは気がつかないのか?
第6章 そして結末は? 近い将来はこうなる
第7章 それではどうすればいいのか?
第8章 Q&A
第9章 特別補足『人間の基本』

著者プロフィール

Author Profile

1952 年 神奈川県川崎市に生まれる
法政大学工学部電気工学科電気電子専攻卒
現在 神奈川県秦野市在住
自称 アマチュア思想家

主な著書 『人間の基本によって何がわかるかⅤ』(自費出版)、『人間の基本で解く自由・便利すぎる社会の弊害Ⅲ』(東洋出版)

教育・芸術・心理

いきなり早稲田に入れる古文

 

 

宮本徹

900円+税

2020年6月11日

四六

78

9784809679698

内容紹介

Contents Introduction

現役の塾講師である著者が、予備校業界に進むきっかけとなった1979 年当時、生徒として通っていた代々木ゼミナールで受けた椿本昌夫先生の古典文法の講義で、その指導方法や授業の進め方に多大な感銘を受けた。今でも著者のお手本である 先生の精神を受け継ぎ、後世に残すべく記したもの。生徒が書き込めるよう、余白を多く設け、ページごとにポイントをまとめた、シンプルでわかりやすい参考書!

著者プロフィール

Author Profile

1960年新潟県魚沼市(小出地区)に生まれる。
1979年新潟県立新発田高校卒業。1984年中央大学経済学部卒業。
大学卒業後、予備校業界に入り活動を開始。「早稲田の神様」と呼ばれ早大受験指導で実績を残す。
現在、明光義塾阿賀野水原教室講師。

【主な著書】
いきなり早稲田に入れる日本史 他

教育・芸術・心理

あした 勉強がしたかった

 

 

 藤嶋 茂美

800円+税

2020年6月9日

四六判

78

978-4-8096-7989-6

内容紹介

Contents Introduction

小学校教員へ贈る珠玉のメッセージ

教え子の口から出た忘れられない一言――「あした 勉強がしたかった」。たくさんの試行錯誤を経た今、子供たちの幸せそうな顔が教室にはあふれている。小学校教員生活を振り返り、ほんとうに大切なことだけを記した、宝物のような13の知恵。

著者プロフィール

Author Profile

藤嶋茂美
1959 年、岩手県生まれ。
1981 年、岩手県公立小学校教員となる。
1999 年より2 年間、岩手大学大学院在籍。
2020 年3 月末定年退職。

歴史・社会・政治

ふたりの卑弥呼

 

 

山田 勝

1600円+税

2020年6月25日

A5判

242

978-4-8096-7991-9

内容紹介

Contents Introduction

日本人の『三国志』観は間違っている!

古代日本の姿を明らかにする『三国志』の真の姿とは?
その原文を読み解きながら、あらためて日本の古代史を検証する。
我々は、日本人の成り立ちを知るべき時代に突入している!

著者プロフィール

Author Profile

英国から基軸通貨が米国に変更した1939年生まれ。神戸市東灘区で管工事業、三東工業株式会社を経営する。会社を閉じた後にふとしたきっかけで播磨風土記を題材にした播磨物語を出版。前著に『奴国王 卑弥呼』(東洋出版)がある。

エッセイ

体のゆがみは自分で治す!

80歳から始めたセルフトレーニングの記録

 

福田 陽子

600円+税

2020年6月5日

四六判

80

978-4-8096-7988-9

内容紹介

Contents Introduction

体のゆがみは治らないと諦めていませんか?
関節回しと筋トレを続けて、ゆがみを改善させた著者による実体験を綴った目から鱗のエッセイ。
80歳からでも遅くない!

歴史・社会・政治

奄美大島の貌

 

 

稲田 寿太郎

1600円+税

2020年6月5日

四六判

217

978-4-8096-7987-2

内容紹介

Contents Introduction

「奄美大島」から何が見えるか
沖縄より本土に近く位置しながらも、いまだガラパゴスといえる奄美大島。奄美出身の著者がその歴史と文化を深く情緒豊かに紐解く。奄美大島で培われてきた文化・精神性には、人間がもう一度見直し、発展させていくべき美点が隠されている。

著者プロフィール

Author Profile

稲田 寿太郎(いなだ・じゅたろう)
昭和22年 鹿児島県大島郡瀬戸内町清水生まれ
38年 瀬戸内町古仁屋中学校卒業
陸自少年工科学校入校(横須賀市武山駐屯地)
41年 神奈川県立湘南高等学校(通信制)卒業
47年 青山学院大学英米文学科(夜)卒業
海上自衛隊幹部候補生学校入校(江田島)
51年 海上自衛隊対潜哨戒機部隊勤務
平成14年 退官
15年 東京海上日動火災保険(株)就職
23年 退職

 

櫻田陽一

1500円+税

2020年5月1日

A5判

208

978-4-8096-7986-5

内容紹介

Contents Introduction

欧米先進国も、かつては途上国であった!

従来の国際開発論の通例を踏襲することなく、その領域を大きく拡大。欧米先進国の歴史に光をあて、かつての抑圧された被支配者としての歴史的素顔に迫る!

著者プロフィール

Author Profile

1960年 埼玉県に生まれる
1983年 東京大学工学部土木工学科卒業
1988年 東京大学工学系研究科土木工学専門課程 
博士課程修了 工学博士
現在 株式会社三菱総合研究所 主席研究員を経
て、現在、福岡女学院大学国際キャリア学
部教授
著書 Cornell University,“Africa, Transport and the
Millenium Development Goals”, Cambridge
Scholars Publishing、「新世代交通システム
(FITS) 交通問題解決と豊かな生活創造に
向けて」山海堂、他学術論文多数


1 / 3812345...102030...最後 »