歴史・社会・政治〔99冊〕


1 / 1012345...10...最後 »

 

櫻田陽一

1980円

2021年6月28日

A5判

306

978-4-8096-8626-9

内容紹介

Contents Introduction

韓国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、
タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム
アジア諸国が独立を勝ち取って今日にいたるまでおよそ80年。
現在進行形で発展を加速させているアジアの経済史と経済政策史を俯瞰する。

著者プロフィール

Author Profile

櫻田 陽一(さくらだ・よういち)
1960年 埼玉県に生まれる
1983年 東京大学工学部土木工学科卒業
1988年 東京大学工学系研究科土木工学専門課程 博士課程修了 工学博士
現在 株式会社三菱総合研究所 主席研究員を経て、現在、福岡女学院大学国際キャリア学部教授
著書 Cornell University,“Africa, Transport and the Millenium Development Goals”, Cambridge Scholars Publishing、「新世代交通システム(FITS) 交通問題解決と豊かな生活創造に向けて」山海堂、「国際開発論前史講義」東洋出版、他学術論文多数

 

吉澤 国雄

1650円

2021年5月13日

四六判

274

978-4-8096-8625-2

内容紹介

Contents Introduction

人は「認識」から
己の無知、偏見を克服できる!
左派と右派の分裂が続くわが国であるが、そもそも人はなぜ「左派」となり、「保守」となるのか? その諸要因、基本的志向を探りながら、双方の立場からみた諸外国の評価を明らかにする。互いの弱点と理想のあり方を学ぶことで、一致団結して、日本を取り巻く戦後最大の「危機」に備えるべし!

著者プロフィール

Author Profile

昭和19年5月12日生まれ。松本市出身
松本深志高校・早稲田大学法学部卒 現在 日本会議会員
主な著書:『真正保守がこの国の活路をひらく』(東洋出版)、『なぜ、かくも政治見解が対立するのか』『なぜ、かくも日本国民は劣化したのか』(ともに電算印刷)、『中国の心理が読めれば、対中国戦略は見えてくる』『左派リベラル勢力の言説は見事に噓だらけ』『九条護憲亡国派に諫言す』『「保守の極言」にこそ真実アリ』『散策と癒しの日本百名庭』(ともに東洋出版)

歴史・社会・政治

母なる川・淀川

 

 

須藤 清

1,100円

2021年3月22日

四六判

110

978-4-8096-8611-5

内容紹介

Contents Introduction

今、地球は病み難儀している。

コロナ終息と脱炭素社会へ向け、皆が誰はばかることなく明るく自由闊達に暮らせる社会を!
私たちの暮らしを支えてきた淀川。その歴史や文化から淀川の未来と人類の未来を考える。

【目次】
第一章 淀川への篤い想いに絆されて
第二章 全ての道は京へ通ずる
 畿内と西国を結ぶ幹線/京へ「上り」東へ「下る」
第三章 淀川水系
 淀川と大阪平野/淀川の水源/淀川の名称/淀川の始点と終点/淀川の生態系
第四章 淀川の治水
 茨田堤/摂津国の誕生/長柄橋の人柱/淀川の「段倉」/淀川の改良と浚渫工事
第五章 淀川の水運
 三島鴨神社/石清水八幡宮/淀川の「関」と「渡し」/淀川三十石船/くらわんか舟/朝鮮通信使/淀川と宗教
第六章 淀川と文化
 淀川流域の遺跡/淀川の河口町/大宮人の歌詠み/古曽部の里・伊勢寺/淀川と俳人・画人
第七章 淀の風物詩
 淀の千両松/淀は別れの泪/鵜殿のヨシ 原焼き/都人の暮らしの一端
第八章 山城国・宇治 
第九章 都の出入り口・伏見
 伏見の港/酒所・伏見に因んで/幻の伏見城(指月伏見城)/指月屋敷
第一〇章 日本の夜明け
 維新への道(鳥羽・伏見の戦い)/淀川 が舞台の維新の文人ら
第一一章 二十一世紀の淀川
 淀川の河川流域/異常気象

歴史・社会・政治

政りごと

 

 

藤森 幸三

660円

2021年4月28日

四六判

80

978-4-8096-8623-8

内容紹介

Contents Introduction

完璧な民主主義を目指して
戦争や犯罪を無くし社会を少しでも明るく楽しくするには政治体制を改める以外にない。無党中立派の総理の下、主義・主張を各党が寄りあって意見を出しあい、総理と副総理が慎重に協議した上で決断する、新たな政治体制を発案する。

 

都田 要

660円

2021年4月12日

四六判

54

978-4-8096-8616-0

内容紹介

Contents Introduction

磨崖仏に残された
キリスト教布教の足跡

織田信長の時代、大阪北部地域で広がっていたキリスト教。その時期と符号する磨崖仏の造立。その関わりとは? 仏教とキリスト教の軋轢のはざまにあった民の苦しみが見えてくる。磨崖仏の写真・情報も多数紹介

著者プロフィール

Author Profile

都田 要
昭和15 年 境港市に生まれる。
    (中略)
同38 年 箕面市役所奉職
平成9 年 同市役所退職
高槻市に在住。高槻市今城カメラ同好会々員。

 

齋藤紀夫

990円

2021年1月30日

四六判

105

978-4-8096-8603-0

内容紹介

Contents Introduction

人間は自分で思っているほど知的ではない⁈
人間は知性で生きていて、動物は本能で生きていると思われているが、そんなことはない。人間の本能はまだまだ健在で、文化は本能の上に乗っていて本能の影響を受けている。歴史をみてもそのことがわかる。

【目次】
勝海舟対福沢諭吉
吉田茂対南原繁
岸信介と安保改定に反対した若者達
メディアの如何わしさ
インテリの如何わしさ
庶民の如何わしさ
ヒトだけの特徴
再びメディア批判
共産主義否定

著者プロフィール

Author Profile

昭和15年8月26日福島県伊達郡(現・伊達市)梁川町生まれ。
昭和34年3月福島県立梁川高等学校卒業。
平成13年3月渋谷区役所定年退職

歴史・社会・政治

《地球・子供・家》の危機

 

 

釜中 明

1,760円

2021年4月13日

四六判

246

978-4-8096-8621-4

内容紹介

Contents Introduction

地球と子供にやさしい
「住み心地」のいい家とは?
それは「五感」を満たしてくれる、脱炭素化の優等生「木造住宅」。
家と社会について知り、学び、教えあい、私たちの「暮らし」のあり方を見直そう。
「心地よい家」から持続可能な社会が始まる。
子供たちのための「住まい」の特別授業も収録。

著者プロフィール

Author Profile

23歳の時大阪で輸入木材業を創業、以来中小企業の経営に40年間従事。
その間、海外での資源開発や企画イベントやソフト開発業、経営コンサルタント業など体験。
平成15年、NPO<いい家塾>を創立。講座「いい家塾」を開塾し本年の24期生で810名が卒業した。「住宅基本法」の早期制定や「建築基本法」の制定に向けて提言書を国土交通省に提出。「100年住宅で個人経済を豊かにする」などの運動を展開。また、後悔しない家づくりを呼びかけ、日本の住環境の改善向上に半世紀以上全力投球してきた。
創立10周年を期して一般社団法人に改組。人と住まいの関わりを描いた映画「木霊」の脚本を制作。
著書は、第1刊「いい家づくりの教科書」(主婦の友社)。第2刊「後悔しない家づくりの教科書Ⅱ いい家塾の家づくり」(JDC出版)は、公益社団法人「日本図書館協会選定図書:工学・技術」になる。第3刊に「真逆を生きる」(JDC出版)、本書が第4刊「《地球・子供・家》の危機」(東洋出版)となる。

 

矢嶋 和江

1,650円

2021年4月13日

四六判

188

9784-8096-8620-7

内容紹介

Contents Introduction

人類の脅威である「感染症」のなかで、唯一、根絶に成功したのが「天然痘」。
本書は、最後の天然痘地帯を駆け回ったノン・テクニシャンたち、技術者たち一人ひとりの活動の記録であるとともに、「感染症」撲滅に向けた闘いの再現でもある。

歴史・社会・政治

比叡山麓 和邇氏の変遷

 

 

梶原 大義

1,540円

2021年3月24日

四六判

182

978-4-8096-8617-7

内容紹介

Contents Introduction

歴史上における特別な要所、比叡山麓の謎に迫る!

古代より多くの遺跡・寺院が残され、宮都も設けられた「比叡山麓」の地。そこには時代を超えて政治的権力を握り続けた海人族・和邇氏の存在があった。
和邇氏の変遷を通じて、日本古代史の謎を解明する!

歴史・社会・政治

西鶴 その定説はくつがえる

 

 

水野 一正

1,760円

2021年3月5日

四六判

284

978-4-8096-8608-5

内容紹介

Contents Introduction

なぜ『好色一代男』は生まれたのか? 多くの謎に包まれた俳諧師「井原西鶴」の実像を解き明かす!

著者プロフィール

Author Profile

著者:水野一正
1945年埼玉県に生まれる。明治大学文学部卒業。同大学院修了。以降松尾芭蕉と井原西鶴を対象に、それまで見えていなかったものが見えるようになる人生の変化に焦点をあて、その裏に潜む真相を追求し続けている。


1 / 1012345...10...最後 »