ノンフィクション・自分史〔61冊〕


1 / 712345...最後 »

ノンフィクション、自分史

短歌で綴る私の人生

 

 

三鴨 裕明

1,320円

2020年12月10日

A5判

147

978-4-8096-7998-8

内容紹介

Contents Introduction

貧しい農家の長男としてうまれ、工員、東京都庁、群馬県庁、そして埼玉の教員としての七十年間を三十一文字の短歌で綴った人生の記録。

【目次】
人生を詠う(38 首)
学校を詠う(56 首)
父母を詠う(60 首)
生活を詠う(191 首)
社会を詠う(35 首)
青春を詠う(20 首)

著者プロフィール

Author Profile

昭和24年 群馬県吾妻郡吾妻町(現東吾妻町)に生まれる
昭和43年 電機会社勤務
昭和44年 東京都職員として大田区役所勤務
昭和47年 群馬県職員として総務部管財課勤務・ 邑楽福祉事務所勤務
昭和50年 埼玉県小学校教員として杉戸町立杉戸西小学校教諭に
昭和62年 杉戸町立杉戸小学校教諭に
平成元年 児玉町立本泉小学校教諭に
平成4年 本庄市立本庄西小学校教諭に
平成5年 美里町立松久小学校教頭に
平成8年 上里町立賀美小学校教頭に
平成12年 上里町教育委員会学校教育指導室指導主事に
平成17年 寄居町立男衾小学校長に
平成20年 上里町立七本木小学校長に
平成22年 定年退職
平成23年 深谷市教育研究所適応指導教室勤務
平成24年 埼玉県教員養成セミナー専任講師に
平成26年 日本インドネシア経済協力事業協会専任講師に
平成27年 埼玉県教育委員会SSW(スクールソーシャルワーカー)に

ノンフィクション、自分史

これは隕石なのか?

不思議な物体との出会い、その検証の記録

 

飯島 悦男

1,100円

2020年10月20日

B5判

80

978-4-8096-7995-7

内容紹介

Contents Introduction

1996年、つくば隕石が落下。その隕石探しの途中で目にした不思議な穴を、17年の歳月を経て掘削。出てきたのは不思議な形の不思議な物体。この物体は何か。その正体を見極めるべく重ねた検証の記録を細かく記載。多数のビジュアルを用いて、不思議な物体の正体に迫る!

著者プロフィール

Author Profile

茨城県合気道連盟理事長、水戸合気会師範。

ノンフィクション、自分史

ラグビーボールが空から落ちてきた

59歳と5ヶ月でラグビーを始めた男と父の記憶

 

岡 隆章

1,760円

2020年4月17日

四六判

276

978-4-8096-7963-6

内容紹介

Contents Introduction

「そんなバカな奴おらんやろ」

母の死後、家の倉庫から出てきた見知らぬ箱の中には、父とラグビーの記憶がつまっていた。
故郷・台湾でラグビーに出会い、海を渡り明治大学ラグビー部へ。その後、関西学院大学を率いて全国優勝を果たした父。
台湾、九州……父の足跡をたどるうち、運命に導かれるように自身もラグビーを始めのめりこんでいく。
穏やかな感動に包まれる、汗と泥と涙にまみれたノンフィクション。

著者プロフィール

Author Profile

1955年、兵庫県生まれ。中京大学卒。
甲陽学院中学校、高等学校に勤務。第33回から第40回まで、国民体育大会バスケットボール競技に出場。 第33回と第37回準優勝。59歳5ヶ月からラグビーを始める。
著書『受験必勝健康法』(神戸新聞総合出版センター) 「隆八先生と六十九回生事件簿」(文芸社)

ノンフィクション、自分史

遺書になったかなしみの曲

 

 

こうのくみ

1,100円

2019年10月25日

A5判・並製

72

978-4-8096-7951-3

内容紹介

Contents Introduction

山あり谷ありの人生を綴った数々の曲や詩を、楽譜とともに紹介。

【目次】
―作詞・作曲―
 沙羅双樹
 年輪
 オホーツクからのメッセージ
 薄れゆく記憶
 桜と梅
 On a Rainy Day(雨の降る日に)
 永遠に(Eternal)
 風の詩
 覚えていますか?
 星空で語らうよ
 想い
 雪の涙

―詩―
 コスモス
 一本のカサブランカ
 昔、私は鳥だった
 夕陽よ、沈まないで
 優しい片想い
 風の口笛

―随筆―
 メリーさんへの手紙

―陶芸―
 陶芸略歴と作品

著者プロフィール

Author Profile

1927年2月14日、和歌山市生まれ。 昭和32年から東京で暮らし、現在神奈川県在住。 昭和53年から約30年間、独学で陶芸に取り組む。 本を読み、ロクロと窯(電気・ガス)を購入。 80歳のとき、独学で「桜と梅」を制作。これまでに 20曲以上をてがけ、現在も作詞・作曲を続けている。

ノンフィクション、自分史

海外引き揚げ体験の労苦を語る

 

 

渡邉 行久

1,320円

2019年7月8日

四六/並製

170

978-4-8096-7942-1

内容紹介

Contents Introduction

平成11年に熱海で行われた「戦争による海外引揚体験の労苦を語り継ぐ集い」の講演録。文化勲章受賞 杉本苑子氏、筑波大学教授 大濱徹也氏基調講演を収録。

ノンフィクション、自分史

一億円を臍くりした女に捧ぐ

 

 

川西 啓

1,100円

2019年2月15日

四六・並製

102

978-4-8096-7924-7

ノンフィクション、自分史

気くばりが護身

 

 

齊藤英俗

1,100円

2018年10月1日

四六/並製

136

978-4-8096-7913-1

内容紹介

Contents Introduction

事件、事故、災害……何が起こるかわからない現代、自分の身は自分で守らなければならない。幼い日の体験からたどり着いた身を守るための極意「気くばりが護身」を実体験とともに解説する。

著者プロフィール

Author Profile

1944年、東京生まれ。都立工業高校(電気科)卒業。10歳で大型狂犬に挑み、20歳で護身本能による護身術「気くばりが護身」を悟る。その後、中国武術総帥・陳老師に師事し、先入観にとらわれない創意工夫と、不自然は自然に戻る自然観を広く深く探求してゆく。千葉県生涯学習指導者(護身術の部)で学校、公民館等で「護身術教室」のボランティア活動をして、護身術の普及に寄与する。直心撚流護身技・直心気撚流 始祖・顧問。一部有志の人向け指導。現在「護身本能研究室」修行中。

ノンフィクション、自分史

鵜の目鷹の目 96才翁の目

 

 

中村茂

1,320円

2018年5月11日

四六/並製

192

978-4-8096-7906-3

内容紹介

Contents Introduction

人は一人では生きていけない。
しかし自分の主張を曲げず、人に譲らず、我慢のできない者が多くなったように見えてならない。96年の歳月に思いを巡らせ、ひとかどの人物、三代目の馬鹿、様々な人々を振り返るエッセイ。

著者プロフィール

Author Profile


大正10年4月11日、茨城県猿島郡幸島村にて中村茂八、むめの二男として生れる。尋常高等小学校高等科二学年卒業。海軍看護兵横須賀海兵団入団。その後、横須賀海軍航空隊を経て、横須賀海軍病院教育部教官に。終戦後、ハリ灸院開業。海上自衛隊勤務。大湊病院総務課長、横須賀病院医事課長を務める。

 

萩原淳

1,540円

2018年3月26日

四六・並製

142

978-4-8096-7898-1

内容紹介

Contents Introduction

1.地殻・プレートと地震
1)海溝型地震(プレート境界型地震)
2)活断層型地震(内陸直下型地震)
2.固有周期
1)中・高層建物(鉄筋コンクリート・鉄骨等)
2)低層建物(木造住宅)
3)主要構造物の固有周期
3.マグニチュード
1)最大振幅幅を入力することでMagnitude を求める
2)Magnitude を入力することにより最大振幅幅を求める
3)震度階とMagnitude の関係(目安)
4.津波の検証
1)津波について検証してみると
5.鉄筋コンクリート断面のひび割れ計算
1)鉄筋コンクリート断面計算およびひび割れ計算
2)コンクリートのひび割れについて
6.ニュースソース 新聞記事記録

著者プロフィール

Author Profile

1960 年代初頭に大学を卒業し、三菱日本重工(現・三菱重工)に
入社、造船所勤務となる。道路橋・鉄道橋他Infrastructur 等の設計
や超低温圧力容器・肥料プラント建設従事傍系会社を経て2003 年
退職。エンジニアリングの傍らプログラム作成、高齢到達を機に社
会報恩の思いで著述。「理工の目で事故を解く」の既刊書あり。

ノンフィクション、自分史

穏やかな日々

 

 

比良一平

1,100円

2017年7月8日

四六/並製

120

978-4-8096-7880-6

内容紹介

Contents Introduction

定年後の暮らしを眺めたユーモラスな日常エッセイ
「さてと、明日は何をするべえと想いつつ、穏やかな一日が過ぎていく」

著者プロフィール

Author Profile

1947年、京都市に生まれる。鷹峰小学校、旭丘中学校、紫野高校、京都工芸繊維大学卒業後、1970年長瀬産業㈱入社。主に海外貿易営業に従事し、
京都、大阪、福井、東京、フィリピン支店に勤務する。1995年に同社退職後、以下の法人に勤務する。日華化学㈱、厚生労働省・産業雇用安定センター、立命館大学・文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト担当、日本貿易振興機構(JETRO)・貿易投資アドバイザーを最後に、2007年引退し自由人となる。趣味はテニス、ゴルフ、スキーで、好きなことは自然の中に身を置き、何もせずにボーッとしていること。 2017年、初めての試みとして『穏やかな日々』を執筆する。


1 / 712345...最後 »