ノンフィクション・自分史〔63冊〕


 

塩澤実信

2,640円

2015年9月18日

四六版/上製

256

978-4-8096-7797-7

内容紹介

Contents Introduction

古田晁 生誕110周年企画。
本は読まない。学問は嫌い。しかし見込んだ作家には打算なく心を尽くす。創業した筑摩書房をたった十年で名門出版社に押し上げ、文化に、人間に、献身的な愛情を注いだ、古田晁の物語。
これほどまでに誠実な人間がいただろうか

著者プロフィール

Author Profile

塩澤実信
1930年長野県生まれ。日本ペンクラブ、日本出版学会会員。著書に『出版社の運命を決めた一冊の本』(流動出版)『雑誌をつくった編集者たち』(廣松書店)『雑誌記者 池島信平』(文藝春秋)『昭和ベストセラー世相史』(第三文明社)『出版界の華麗なる一族』(朝日出版社)『出版 その世界』(恒文社)『それでも本を出す』(メディアパル)『名編集者の足跡』(グリーンアロー出版社)『比較日本の会社・出版社』(実務教育出版社)『日本雑誌百年巡禮』(翻訳書・台湾・三恩堂)『動物と話せる男』(第35回青少年読書感想文全国コンクール課題図書・中学生必読図書・理論社)『本は死なず』『定本ベストセラー昭和史』『活字の奔流 焼跡雑誌篇』(展望社)『出版社大全』(論創社)等多数。

ノンフィクション、自分史

時を歩く

 

 

松村 崇夫

1,100円

2015年6月12日

四六判/並製

248

978-4-8096-7783-0

内容紹介

Contents Introduction

音を立てるオーロラ、カザルスの鳥の歌、詩人・西脇順三郎……
新聞記者36年、胸をよぎる、忘れがたい「人」「光景」「言葉」たち。
小編エッセー30本のほか、
朝日新聞に掲載された
記事も収録した、
人生への思いと、出会いの記録。

著者プロフィール

Author Profile

 1945年生まれ。69年、朝日新聞社に入り、甲府支局などを経て、75年、東京本社・社会部。警視庁で事件記者4年半、立川支局、静岡支局勤務のあと、運輸省(現・国土交通省)担当1年、東京版担当2年。87年1月~8月、ベトナムからロンドンまで、カメラマンと2人、車で27カ国を取材。
 88年、企画1部次長(2度の中国・楼蘭探検事務局長)。91年、富山支局長、93年、日曜版副編集長のあと、95年、再び社会部。2002年、編集委員(教育と新聞=NIE担当)。
 04年9月、朝日カルチャーセンター立川・取締役。06年6月、朝日カルチャーセンター取締役・立川教室長、07年6月、取締役・横浜教室長。
 09年4月、工学院大学・朝日カレッジ(エクステンションセンター)教室長を経て、工学院大学オープンカレッジ長。14年8月、カレッジ長を辞す。
 著書に「東京-ロンドン5万キロドライブ」(朝日新聞社)、「はるかなる楼蘭」(連合出版)、共著「東京人考」
(朝日新聞社)、「小さなかけ橋」(講談社)があり、「100人の20世紀」(朝日新聞社)、「地球・食材の旅」(小学館)は、執筆者の一人。

ノンフィクション、自分史

我が人生

 

 

向川 政志

1,320円

2015年5月7日

四六判/並製

184

978-4-8096-7782-3

内容紹介

Contents Introduction

大手企業の第一線で様々な開発に携わり、 今の日本の牽引役を担った一人の男。 その波乱に満ちた生き様を描いた自叙伝。

著者プロフィール

Author Profile

1931(昭和6)年、石川県生まれ。 東北大学卒業後、数社の大手企業にて技術を担当、さまざまな商品の開発に携わる。2008(平成20)年に退職し、現在に至る。

ノンフィクション、自分史

澪標

 

 

蜂須賀 舜治

2,420円

2015年2月12日

A5判/並製

368

978-4-8096-7772-4

内容紹介

Contents Introduction

「人材とは」、「技術とは」、「業務過程とは」建築業界における一つの羅針盤になる作品。
長い年月により培われたノウハウが詰め込まれており、業界におけるこれからの世代を担う人たちにとって是非読んでおきたい1冊

 

木村 正次郎

1,018円

2014年12月12日

四六判/並製

252

978-4-8096-7768-7

内容紹介

Contents Introduction

釈尊の大誤算、2500年の過ち。般若心経の限界。 釈迦が救済の道を歩みだしたきっかけは、 人間であれば必ず体験する「生老病死」という 苦から逃れることであった。また、人間として生れたからには必ず、逃れられない「死」をどのように迎えるかが人生の大きな課題でありながら、その解決策が提示されないまま、多くの人が不安を抱える時代になったと言える。 その解決策が、釈迦の救済魂を通じて70億人に天華三法行として提示されたのである。

著者プロフィール

Author Profile

1950年1月、大阪府堺市に生まれる。京都大学工学部修士課程を卒業後、大手化学メーカーに勤務する。34歳で公認会計士試験に合格、監査法人に16年間勤務する。阪神淡路大震災に遭遇したことをきっかけに監査法人を退職、平成19年より26年まで天華の救済・代表を務める。主な著書に「頭を取るしかない」(平成22年2月発行)、「悩み苦しみがあるほど幸せになれる」(平成25年5月発行)がある。

 

伊藤 正

1,222円

2014年12月12日

四六判/並製

272

978-4-8096-7767-0

内容紹介

Contents Introduction

超人はすぐ隣にいた! ・・・だから 天との出会いが始まっている。 今となっては地上人間界のあらゆる方法を尽くしても解決は出来ない。 だから天との出会いが始まっている。

著者プロフィール

Author Profile

昭和21年 岩手県北上市生まれ、富士大学経済学部経済学科卒、大手電子機器メーカー及び輸入商社を経て40歳で独立し電子検査装置開発会社を12年間経営、さらに倒産会社の再建も達成し経営指導も行なっている。平成7年、1冊の本との出会いから宇宙万物の創造主である「天」の存在に気づき、以降、宇宙・大自然の法則を事業経営に活かすことで通常ではあり得ない結果を実証している。平成24年3月小冊子「宇宙の仕組み」発刊し好評を得たことからこの度より具体的な「新・宇宙のしくみ」を発刊した。現在「宇宙のしくみ」を伝えるセミナーの全国行脚を行なっている。平成24年3月より天華の救済 宇宙・みらいグループ 人間塾 会長

 

豊田 実正

1,650円

2014年11月4日

四六判/並製

546

978-4-8096-7758-8

内容紹介

Contents Introduction

人を想う気持ちの素晴らしさや大切さを感じさせてくれる1冊。 結婚してから三十三年間、あっと言う間でした。 険しく曲がりくねった道も、まっすぐ平坦な道も、 いつも二人で手をつないで歩きました。 文字通り山あり谷あり、の人生でした。 それもはるかに高い山であり、 とてつもなく深い谷でした。 それでも恵美子と一緒だったからこそ、 辛くても苦しくても、そんな辛さも苦しさも時には 楽しさに、時には喜びに、 そして希望へとつないでいくことができました。

ノンフィクション、自分史

日本語反能動構文のゲシュタルト分析

-欲望分・可能動詞文・難易文などの考察

 

田原 薫

1,980円

2014年12月10日

B5型/並製

88

978-4-8096-7760-1

内容紹介

Contents Introduction

ゲシュタルト言語学を解りやすく解説。 日本語の或る一群の統語現象の解釈に 言語類型論的な視点を導入して、 統一的に理解しようとする試み。 英語学への応用も含む。

ノンフィクション、自分史

13番目の贈りもの

 

 

ジョアン・フイスト・スミス著 川田 志津訳

1,760円

2014年11月20日

B6変型/並製

304

978-4-8096-7761-8

内容紹介

Contents Introduction

夫を亡くした妻と子供のもとに届く謎の贈りもの。いったい誰が?
ある家族の人生を変えた魔法のような「クリスマスの12日間」を描いた、この冬いちばんのハートウォーミングストーリー。

1999年秋、愛する夫が突然息を引き取った。悲しみから立ち直ることができず、子供を思いやる余裕のない妻。行き場のない怒りのために高校を休みがちで、まともに口もきいてくれない長男のベン。
夜な夜な悪夢にうなされゲームに逃避する次男ニック。唯一、末娘のメーガンだけが家族の仲をとりもとうとしていた。
そんな家族のもとに、クリスマスを控えたある日、玄関の前にポインセチアが1鉢届く。
添えられたカードには、『クリスマスの12日間』の歌詞によく似たメッセージと「真の友」という署名。それから毎日、小さな贈りものが届き始める。
最初は抵抗を感じていた家族だったが、欠かさず届けられる贈り物によって、次第に閉ざした心を開くようになり、明るさと絆を取り戻していく。家族が最後に手にした13番目の贈りものとは何だったのか?

著者プロフィール

Author Profile

ジョアン・フイスト・スミス
米オハイオ州デイトン生まれ。米ライト州立大学にて英語学学士号を取得。元『デイトン・デイリー・ニュース』記者。3人の子どもと2人の孫がいる。

ノンフィクション、自分史

心はあの世の窓

 

 

小島むてき

1,320円

2014年11月5日

四六判/並製

230

978-4-8096-7757-1

内容紹介

Contents Introduction

「想い・評論・夢」
母親への想いは胸を打たれ
映画評論では様々な映画に触れることができ夢日記では不思議な世界を体験
章毎に楽しめる三部作

著者プロフィール

Author Profile

小島むてき(こじまむてき)
1959年、千葉県生まれ。
本名板倉新一。
本書がはじめての著作である。