ブランディング出版とは

「書籍・小冊子」というメディアコンテンツを利用して、会社全体を鮮やかに「ブランディング」していくことです。

会社の想いをカタチにするお手伝いさせていただいております。

 

事業コンセプト、ビジネスノウハウ、製品・サービス、企業理念のコンテンツを中心に会社全体を鮮やかに「ブランディング」していきます。

会社の認知度を上げる

経営者の悩みのひとつに自社のブランディングが挙げられます。東洋出版では経営理念や信条をストーリー性豊かに伝え、人々の心情に訴えるストーリー性を持って、製品やサービスの背景にある人間ドラマを熱く伝え、会社をPRしていきます。

創業者の理念を伝達する

創業者の想いを伝えていくために、会社の生い立ちからの想いを社員全体で共有し、引き継いでいきたいものです。ビジョナリーカンパニーであり続ける、または目指す中で創業者のメッセージは大きな指針になります。東洋出版では、会社を舞台にした人間ドラマを熱く伝えていきます。

製品の販促を促す

他社にない技術やサービスをノウハウとして伝達することで会社の深い魅力を広めていきます。単に製品やサービスの特長を並べるのではなく、読む方が周りに広めたくなるような感動を伝えていきます。

会社の信用度を上げる

ベンチャーや中小企業の経営者にとって、会社の信用は重要なことです。東洋出版では、事業コンセプト、ビジネスノウハウ、製品・サービス等の強みなどを効果的に伝えていきます。

優秀な人材を採用する

企業発展の中でも、未来を託せる人材を採用することは重要なことです。書籍というメディアを使って、会社のありのままの姿を伝え、共感を呼び込むことで、人材の採用率が上がり、採用のミスマッチも未然に防ぐことができます。

投資家向け広報活動を行う

個人投資家の方々に企業名を認知させるのは大変なことです。東洋出版では多くの方々に、会社のファンになっていただくために、経営理念やコンセプト、製品サービス等をストーリー性豊かに伝えていきます。

 

ブランディング出版までの流れ

出版のためのご相談(ヒアリング)

企業や一般ユーザーに届けたい御社のコンテンツ、メッセージをヒアリングいたします。その際に、事業内容についても詳しくお聞かせください。さまざまな要素をからめた複合的な企画としてご提案いたします。ご予算等もございましたらお聞かせください。

企画のご提案

ご相談のときにうかがった特徴・PRポイントを踏まえたうえで、企画案、構成案をご呈示いたします。御社が届けたいメッセージが、どうすればよく伝わるか、どうすれば読者から高評価を得られるか、また、PRやプロモーションをどう行うかなども含めたご提案を行い、書籍の体裁、お見積りもご提示いたします。

編集業務(取材・原稿作成等)

企画構成案の決定後、本の制作を開始します。原稿がある場合には拝読し、内容を吟味しながら、レイアウトはどうするか、イラストや写真は必要か、などを検討します。原稿がない場合にはライターを立て、取材から始めていきます。

校正・印刷・製本

執筆後、ある程度紙面が固まった段階で、校正プロセスに入ります。内容は問題ないか、当初の企画意図から著しく逸脱していないかなど、厳しい目でチェックをお願いします。最終確認を経て、すべてがクリアになったところで校了とし、印刷→製本へと進んでいきます。

書店への流通

完成した書籍は、取次会社を通じて全国書店に配本されます。ここで重要なのは、有力書店との強固なネットワークです。安定した「流通力」で御社のメッセージを効率的に発信し、配本戦略によって「露出効果」を引き出していきます。また、電子出版として流通させることも可能です。

書籍のPR・プロモーション

発売後のパブリシティー戦略、広告宣伝活動は、非常に重要な取り組みです。全国紙の広告を中心に、企画の趣旨に応じて、多くの人に知ってもらうための広告宣伝活動を行っていきます。

 

流通・書籍PR

 

流通

全国3,000店の書店に配本



重要なのは、有力書店との強固なネットワークです。安定した「流通力」で御社のメッセージを効率的に発信し、配本戦略によって「露出効果」を引き出していきます。また、電子出版として流通させることも可能です。

新聞広告

朝日、読売、毎日、日経、産経……全5段

発売後のパブリシティー戦略、広告宣伝活動は、非常に重要な取り組みです。全国紙の広告を中心に、企画の趣旨に応じて、多くの人に知ってもらうための広告宣伝活動を行っていきます。

電子出版

メッセージや製品・商品等の動画を組み込む

リアリティーを伝えるために、メッセージ、製品、商品の紹介や消費者の声などを動画として取り込み、電子書籍として配信していきます。


 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき