ノンフィクション、自分史

AKB48の透視図

 

 

村上 泰弘

1300円+税

2014年4月24日

四六判/並製

258

978-4-8096-7733-5

内容紹介

Contents Introduction

彼女たちの物語は、奇跡の物語です。
AKB現象とはある意味、その奇跡のドラマが、目撃者となるべき人々を求めて、燎原の火のように広がっている現象です。
読み終えたとき、何かが伝わっていればと願っています。「彼女たちを見ていると、人間という生き物もそれほど捨てたものじゃないかもね」と感じさせるような『何か』が伝わっていればいいなと。(本文より)

著者プロフィール

Author Profile

村山泰弘(むらやま・やすひろ)
 1955年 熊本生まれ。 ヒンドゥ教方式の完全菜食主義者(肉、魚、卵、及びそのエキスの入った物を一切飲食しないが、ヒンドゥ教においては牛が神聖な生き物とされるため、牛が提供する乳製品は神からの贈り物として若干飲食するヴェジタリアン)。ヒンドゥ教の聖典ヴェーダやヴェーダーンタの教えに出会って以降、その教えに則り、ギャーナ(直訳すると叡知)ヨーガ、バクティ(神への愛)ヨーガ、カルマ(行為)ヨーガの実践の中に生きる。

小説

消えた村

 

 

眞海 恭子

1600円+税

2014年4月23日

四六判/上製

466

978-4-8096-7731-1

内容紹介

Contents Introduction

その村に一体何が起こったのか……
美しさと醜さ、偉大さと愚かさが
錯綜する人間の性(さが)を描く
眞海恭子の世界。

著者プロフィール

Author Profile

眞海恭子(しんかい・きょうこ)
武蔵野美術大学洋画科を卒業後渡仏し、パリのエコール・デ・ボーザール(美大) に学ぶ。長年のパリ生活の後、現在はドイツのフライブルグで執筆を続けている。
著書
『捨てられた江戸娘』(2007年)
『霧の音』(2008年)
『伊賀の鬼灯』(2010年) すべて東洋出版より刊行

歴史・社会問題・政治

石油文明はなぜ終わるか

 

 

田村 八洲夫 著/石井 吉德 監修

1800円+税

2014年4月8日

A5判/並製

184

978-4-8096-9352-6

内容紹介

Contents Introduction

第1章 現代文明の生き血・石油のエッセンス
 第2章 文明を測る科学的ツール
 第3章 人類史にみる日本文明の価値 
               ──縄文文明と江戸文明
 第4章 化石燃料で特異成長した人類の文明
 第5章 石油ピークは文明の黄昏
 第6章 石油の代替エネルギー探し
 第7章 ポスト石油文明の社会像
 第8章 自然と共生する低エネルギー文明へ

著者プロフィール

Author Profile

1943年生まれ。NPO法人 もったいない学会副会長。川崎地質㈱ 技術本部顧問。地熱・地球熱の開発、石油・天然ガス探鉱・開発、物理探査が専門分野。67年、 京都大学理学部地球物理学科卒業。72年、同大学院 博士課程修了。73年、石油資源開発㈱入社。同社取締役、九州地熱㈱ 代表取締役社長、日本大陸棚 調査㈱専務取締役などを歴任。早稲田大学、東京大学で非常勤講師を務めた。石油技術協会理事。物理探査学会理事・副会長・監事。秋田産業サ ポータークラブ幹事。 NPO法人 あきた地球熱利用事業ネットワーク副理事長。
共著書に『石油地質・探鉱用語集』(石油技術協会)、『オイルフィールド・エンジニアリング入門』(海文堂出版)、『石油文明 が終る』(もったいない学会)などがある。