日本一の殿さま大工


歴史・社会・政治

日本一の殿さま大工

 

 

水嶋 元

1300円+税

2021年1月8日

四六判

318

978-4-8096-8610-8

内容紹介

Contents Introduction

歴史に燦然と輝き続ける名工・中井家の物語

安土城、大坂城、二条城、知恩院、江戸城、御所……飛鳥の法隆寺建築より、名だたる城郭や寺社建築を一手に引き受けてきた棟梁一族・中井家。
そして龍彫刻の分流・中井権次一統。千年に亘って光り輝く建物に込められた、職人たちの誇りと精神の系譜。

著者プロフィール

Author Profile

著者:水嶋元
兵庫県在住。但馬文学界の同人誌“野火”を主宰。但馬芸術文化会議会員。兵庫県“ともしび賞”受賞。
第19 回 日本自費出版文化賞を『報恩の画 円山応挙伝』で受賞。主な著書に『残月 竹田城最後の城主 赤松広英』東洋出版『小説 山名宋全』但馬文学界『〃 道元』東洋出版『黄金の山中〈生野鉱山物語〉』東洋出版『群雄たちの興亡』播磨学研究所編集 神戸新聞出版センター、その他多数。