老女の愛


小説

老女の愛

 

 

佐々泉太郎

1200円+税

2018年7月17日

四六/並製

138

978-4-8096-7911-7

内容紹介

Contents Introduction

昭和の青春時代から老年期までの恋と愛を描いたシリーズ最終編

人生100年時代

妻、続いて若かりし日の恋人にも先立たれ、80歳を超えた主人公・聡はさらに続く余生をどう過ごすのか? いつも何かに夢中になって生きてきた。来る日も来る日も、今日を生きるだけの連続では余生が長すぎる。三百数十年咲き続ける石割桜の堂々たる姿を見ているうちに、いつも自分を支え続けてくれた仕事仲間・和子の存在に気づいた。

著者プロフィール

Author Profile


著書に『病棟婦長命令第三号』(幻冬舎ルネッサンス)『コサック物語 アンチャールの木―妖樹』『洛陽の怪僧』『恋のうず潮』(東洋出版)、『ばかたれ男 泣き虫女』『恋の埋み火』(東京図書出版)がある。

 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき