遺書になったかなしみの曲


ノンフィクション、自分史

遺書になったかなしみの曲

 

 

こうのくみ

1100円

2019年10月25日

A5判・並製

72

978-4-8096-7951-3

内容紹介

Contents Introduction

山あり谷ありの人生を綴った数々の曲や詩を、楽譜とともに紹介。

【目次】
―作詞・作曲―
 沙羅双樹
 年輪
 オホーツクからのメッセージ
 薄れゆく記憶
 桜と梅
 On a Rainy Day(雨の降る日に)
 永遠に(Eternal)
 風の詩
 覚えていますか?
 星空で語らうよ
 想い
 雪の涙

―詩―
 コスモス
 一本のカサブランカ
 昔、私は鳥だった
 夕陽よ、沈まないで
 優しい片想い
 風の口笛

―随筆―
 メリーさんへの手紙

―陶芸―
 陶芸略歴と作品

著者プロフィール

Author Profile

1927年2月14日、和歌山市生まれ。 昭和32年から東京で暮らし、現在神奈川県在住。 昭和53年から約30年間、独学で陶芸に取り組む。 本を読み、ロクロと窯(電気・ガス)を購入。 80歳のとき、独学で「桜と梅」を制作。これまでに 20曲以上をてがけ、現在も作詞・作曲を続けている。

 

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき