小説〔79冊〕


8 / 8« 先頭...45678

 

千葉偕子

1238円+税

2009年07月

四六判/上製

160

978-4-8096-7592-8


内容紹介

Contents Introduction

女六十歳――別れ、そして新しい幸せ。夫との苦悩の日々を忘れさせてくれたのは文学でした――着古した服は全部捨て、大事にしまっておいたいい服を毎日着るようにしましょう。人は苦悩によって病み、老いていきます。でも、愛と真実を希求する心がある限り、私は老いることがありません。

 

平岡 格

1238円+税

2009年03月

四六判/上製

160

978-4-8096-7594-2


内容紹介

Contents Introduction

余命わずかのガンの宣告を受けた者、自ら死を選ぶ者。「鳥の道」の四人と「天の辺」の一人のそれぞれに近づく死期。彼らはどのようにその時を迎えるのか。そして残される者は……。それぞれの人世とその終焉を、逝く者、残される者の心の揺れを通して丁寧に書き描いた一冊。

小説

輪廻の恋人

 

 

小山真一朗

1429円+税

2009年05月21日

四六判/上製

208

978-4-8096-7598-0


内容紹介

Contents Introduction

女の涙は海へ、男の夢は空に――生命保険会社の秘書課に配属された山本花子は、営業企画課の進士伸之と運命的に出会い、恋に落ちる。だが、花子には、恋人にすら打ち明けられない秘密があった……。

小説

天上の華

 

 

川村麻矢子

1429円+税

2008年12月

四六判/上製

240

978-4-8096-7591-1


内容紹介

Contents Introduction

寛政二年、おきよが奉公に出た、下総国西葛飾の豪農・佐伯家。九代目当主甚右衛門は、妻お松との間に、お夏、三冬、小春の三女をもうけていたが、男子に恵まれなかった。下女達の中で一際美しいおきよは、甚右衛門の毒牙に狙われる──骨肉の愛憎と復讐、禁断の愛を描く時代小説。

 

東郷しげよ

1238円+税

2008年12月

四六判/上製

160

978-4-8096-7589-8


内容紹介

Contents Introduction

人生のさまざまな曲がり角を迎えた女たちの7つの物語。「29歳女の思い上がり」をはじめ、「ロングスカートをひらひらと」「モット虫が鳴くから」「バリ女」「長女は二番」「『ドブーン、ドブーン』なんて嫌だ!」「桃太郎と遊びたい女」を収録。

小説

冬の一族

 

 

太田博之

1429円+税

2008年11月

四六判/上製

256

978-4-8096-7582-9


内容紹介

Contents Introduction

「冬の一族」、「めぐさ戦記」、「待つは乙女の戦にて」、「故国の空夢」、重厚な短編四編を収録。そこで扱われるのは、「己を賭した四つの戦」。

著者プロフィール

Author Profile

1939年生まれ。大阪文学学校を卒業後、文芸誌「まひる」編集人。自身、創作活動を続け、当時、「バイキング」誌の同人であった、津本陽氏の作品と並び称されることもあった。同誌廃刊後、断筆。以後、30年に亘り文学とは無縁の生活を送るが、2005年、文筆活動に専心。本書は、20代に書き上げた同名小説4編を改編し1冊に纏めたものである。

小説

屈折した翼

 

 

鈴木 寂静

1429円+税

2007年2月17日

四六判/上製

176

978-4-8096-7540-9


内容紹介

Contents Introduction

心に病を抱える女性、恋人との幸せな時間、男の裏切り、殺人、そして・・・・。救われていく魂。

 

牧野治三

1429円+税

2005年07月31日

四六判/上製

264

978-4-8096-7605-5


内容紹介

Contents Introduction

失中の美――美は乱調にあり――懸命の一矢が的を外すとき、歴史が大きく動き、思いもよらぬ華が咲く。和漢洋の古典に描かれる弓矢の美を追求し、書誌風に描く「弓の文学誌」。

著者プロフィール

Author Profile

京都府弓道連盟、浦上同門会所属。京都大学出身。

 

海都 裕

1524円+税

2005年04月30日

四六判/上製

320

978-4-8096-7601-7


内容紹介

Contents Introduction

夢とロマンを求めて、美しいファンタジーの世界を旅してみませんか――家族と別れ永遠の島「レノヴァ」へと導かれた少女は、「夜明けの宝石」ジュエルという名前をもらい、不思議な能力を身につける。やがて美しく成長したジュエルの前には、多くの求婚者たちが現れる……。


8 / 8« 先頭...45678