紀行文〔14冊〕


2 / 212

 

和田進

1524円+税

2010年10月12日

A5判/並製

292

978-4-8096-7630-7


内容紹介

Contents Introduction

南アメリカ大陸を形作っている自然、文化、社会の姿を考察し、「南アメリカなるもの」の正体を解き明かす――急速な経済発展の道をばく進し、今や21世紀の世界をリードする大国のひとつとして脚光をあびるブラジル。その可能性あふれる希望の大地を舞台に2016年には南アメリカ大陸初のオリンピックが開催される。世界のこれからを考えたときこの南アメリカ大陸は天然資源の宝庫として、あるいは豊かな食料基地としてその重要性に大きな注目が集まる──いわば人類の未来を託す南アメリカという世界の素顔に迫る。

著者プロフィール

Author Profile

1973年、早稲田大学政経学部卒。石川島播磨重工業(現IHI)入社。2007年 集成社建築事務所の副社長を兼務、現在に至る。幅広い人脈を活かし、各種社会交流活動やノンフィクション分野の文筆活動に取り組み中。

 

三箇修司

1333円+税

2009年12月10日

四六判/並製

264

978-4-8096-7608-6


内容紹介

Contents Introduction

「本当のオーストラリアが見たかった」。32年間の教員生活の後、彼は旅に出た――アウトバックドライブ、31日間の旅。総走行距離11,340キロメートル、ねぐらはその日に決める――アウトバックとは、特にオーストラリアの内陸地方を言う。


 

権代祥一

1429円+税

2009年03月

A5判/並製

256

978-4-8096-7593-5


内容紹介

Contents Introduction

フィリピンに行ったら気をつけたいあれこれ、フィリピンの社会情勢や国民性、そして著者の内面に湧き上がる数々の疑問。紀行文やガイドブックとして愉しめるとともに、幸せとは何か?を深く考えさせる、よくばりな1冊。

 

山崎鈴恵

1429円+税

2004年10月31日

四六判/並製

208

978-4-8096-7585-0


内容紹介

Contents Introduction

ルクセンブルク大公国。首都はルクセンブルク市、人口約四五万人、面積二五八六平方キロメートルのとても小さな国である。ほとんどの日本人は、「ベネルクス三国」という言葉を知っている以外、この国のことをほとんど何も知らないのではないだろうか。私もその一人だった。しかし、奇遇にもその小さな国を何度か訪問する機会に恵まれ、私はその魅力に取り憑かれてしまった。ルクセンブルク、そして近隣の国々を、様々な視点から紹介する紀行文。


2 / 212

新刊のご案内

東洋出版のつぶやき